事故リスクゼロに向けて日常運転の見える化を

事故リスクゼロに向けて日常運転の見える化を

ドコモ通信型ドライブレコーダーの特長

1

実績のあるデータ・テック社の運転解析技術を導入

ドライブレコーダーの主な役割である「非日常の運転(事故や、急加速・急発進・急ハンドル)の記録だけでなく、“日常運転のクセ”までを記録・解析することで、事故リスクの原因となる個々の運転技術そのものの改善が可能となります。
日常運転のクセを解析できる独自の運転診断ロジック

「日常運転を見える化」する目的

「日常運転を見える化」する目的

2

LTE対応のドライブレコーダー

LTE通信を活かした高品質な映像転送が可能。
事故相当の衝撃を検知すると、その前後10秒の映像がリアルタイムにクラウド上にアップロードされ、管理者は事故等の状況を速やかに把握することが出来ます。

3

高性能な機能を搭載

  • ・最大Full HDの高画質な映像記録が可能。
  • ・カメラを用いたレーン片寄り通知等の運転サポート機能を搭載。
  • ・音声と液晶によるドライバーへの危険挙動通知。

サービス紹介

ドライブレコーダーに搭載されたカメラやGPS・加速度センサーを利用して、運転状況を記録します。運転診断結果(レーダーチャートや散布図など)がクラウド上に保存されます。

サービス紹介

運転診断結果

散布図

機能紹介

ドライブレコーダー端末機能

  • 走行時の映像を常時録画(SDカードに記録)
  • 事故相当時の映像を自動アップロード(クラウド連携機能)
  • エンジンに連動した端末ON/OFF
  • 2インチ液晶による危険挙動通知
  • 運転サポート機能<レーン片寄検知>
  • 駐車監視モード

クラウド機能(安全運転支援機能)

  • 安全運転診断機能
    • 運転ごとの点数表示
    • 運転結果に基づくコメント表示
    • 診断項目別の散布図表示
    • 個人別、組織別のランキング表示
    • 運転診断結果のレポート出力
  • 地図表示機能
    • 運転ごとの走行履歴表示
    • 注意挙動、危険挙動の発生場所アイコン表示
  • 映像記録機能
    • 危険挙動、注意挙動発生時の映像保存
    • 保存映像の再生

プラン・料金について

プラン・料金についてはこちらをご覧ください

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。