建設現場の面倒な情報共有を「クラウド」で簡単にする

建設現場の面倒な情報共有を「クラウド」で簡単にする

建設現場では、工務店、塗装、配管、電気工事といった専門業者がそれぞれの作業をこなしながら、ひとつの建物を作るために協力しています。建物の高い品質を保ちつつ、工期内に作業を完了するためには、業者間での密な情報共有が求められます。

情報共有が必要なのは、何も業者だけではありません。たとえば施主の新居が、現住所から遠く現場を訪れるのが難しい場合、建設現場が見えないことで施主が不安に思ってしまうケースも想定されます。この場合は、窓口となる工務店が、施主に情報を共有することで、不安が軽減できるでしょう。

建設業者には、こうした「工務店と協力会社」「工務店と施主」という、目的の異なる2つの情報共有を漏れなく行うことが求められますが、スマートフォンなどのモバイルICTを活用することで、手軽に一括管理することが可能です。それが、建築業向けクラウド型業務支援サービス「ARCHITREND Do!Photo for docomo」です。

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。