第5世代移動体通信システム「5G」が創る近未来

現在ドコモで2020年の提供開始に向け、開発が進められている「5G」。この「5G」では、どのようなことが可能になり、また企業のビジネスにどう影響するのでしょうか。今回はイラストや開発者のインタビューなど4つのテーマを通して、5Gがつくる未来の世界をご紹介します。

現在ドコモで2020年の提供開始に向け、開発が進められている「5G」。この「5G」では、どのようなことが可能になり、また企業のビジネスにどう影響するのでしょうか。今回はイラストや開発者のインタビューなど4つのテーマを通して、5Gがつくる未来の世界をご紹介します。

5Gが目指す性能-絵解きで直感理解!Premium 4Gとの性能差-

5Gがめざしている性能は、現行の「LTE(Premium 4G)」よりも、はるかに高いところにあります。たとえば、通信速度の最終的な目標値(*1)は下り20Gbps/上り10Gbps。ただ、そうした数値を示されても感覚として理解しにくいかもしれません。そこで、Premium 4G の性能と5Gがめざしている性能の差をグラフィックで表現しましょう。

1

高速・大容量 5Gのピークレート:Premium 4G の約20倍

通信速度の移り替わり 1G→25年間で約40万倍→Premium4G→Premium4Gの20倍 下り20Gbps/上り10Gbps→5G

ドコモでは、移動体通信システムの通信速度を、世代を1つ上げるたびに飛躍的に高めてきました。Premium 4Gに至るまでの過去25年間で通信速度を40万倍に高速化させています。そして5Gでは、Premium 4Gの20倍に相当する下り20Gbps/上り10Gbpsという超高速・大容量データ通信を段階的にめざしています(*1)。

2

多数端末接続 5Gの同時接続端末数:Premium 4Gの約10倍

同時接続端末数

5Gでは、大量のデバイスがインターネットに同時接続するようになるIoT(Internet of Things)時代を見据えて、同時接続を増強することも段階的にめざしています。ゴールは同時端末接続100万デバイス/平方キロメートルを実現し、Premium 4Gの約10倍の同時端末接続を可能にすることです(*1)。

3

低遅延 5Gの通信遅延:1ミリ秒=Premium 4G の約10分の1

通信遅延速度とは? 4G…1/100秒遅延、5G…1/1000秒遅延、手動…遅延なし

5Gでは、無線区間の伝送遅延を、Premium 4Gの1/10である1ミリ秒(=1/1,000秒)に抑えるという目標も掲げられています(*1)。
通信遅延(伝送遅延)とは、データを送信した時間と、相手が受信した時間とのズレ幅を表しています。
Premium4Gでも数十ミリ秒程度の伝送遅延を実現していましたが、5Gでは無線区間での伝送遅延はさらに縮まる可能性があります。このことにより、5Gはロボットや自律走行車、医療機器の遠隔制御に活用できるとの期待も膨らんでいます。
この通信遅延を理解するために、時速200kmで走行する新幹線にブレーキをかける想定をしてみましょう。(分かりやすくするため、有線区間での遅延は発生しないものとします。)
運転士が手動でブレーキをかける場合、運転手の指令はブレーキと直結しているため、ここでは仮に無遅延であるとします。
Premium 4Gを使って遠隔の端末から新幹線にブレーキをかけようとすると、ブレーキの指令が新幹線に伝わるまでに、1/100秒程の遅延が生じます。新幹線が時速200kmで走行しているとすれば、1秒間に約55.5m移動していますので、ブレーキ指令の1/100秒程の遅れは60~70cm程度のブレーキの遅れとなります。一方の5Gでは、ブレーキの遅れが6~7cm程度で済み、手動でのブレーキにかなり近い制御が実現できるといえます。

  • *1 標準化上( Recommendation ITU-R M.2083-0)で議論される要求条件

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。