第5世代移動体通信システム「5G」が創る近未来

現在ドコモで2020年の提供開始に向け、開発が進められている「5G」。この「5G」では、どのようなことが可能になり、また企業のビジネスにどう影響するのでしょうか。今回はイラストや開発者のインタビューなど4つのテーマを通して、5Gがつくる未来の世界をご紹介します。

現在ドコモで2020年の提供開始に向け、開発が進められている「5G」。この「5G」では、どのようなことが可能になり、また企業のビジネスにどう影響するのでしょうか。今回はイラストや開発者のインタビューなど4つのテーマを通して、5Gがつくる未来の世界をご紹介します。

未来を拓く5Gプロジェクト

ドコモとパートナーは、5Gを応用したソリューションの実証実験や開発の取組みを進めています。ここでは、5Gの早期実現に向けてドコモが展開してきた実証実験や、ビジネスでの利用を想定したパートナー各社の開発事例を紹介します。

【1】実証実験

1

世界初 10Gbps超えの無線伝送に成功

総務省受託研究「電波資源拡大のための研究開発」(東京工業大学との共同実験)において、沖縄県石垣市で屋外伝送実験を実施。屋外移動通信環境下で上り最大約10Gbpsのパケット信号伝送に世界で初めて成功しました。【2012年12月】

2

世界初 屋外環境で通信容量20Gbpsを超える5Gマルチユーザ通信実験に成功

ドコモとエリクソン社が15GHz帯を用いた屋外環境で5G通信実験を実施。受信時最大10Gbpsを超える通信速度の無線データ通信に成功しています。また、マルチユーザ通信実験では、世界で初めて20Gbpsを超える通信容量の無線データ通信に成功しました。【2016年2月】

3

「5Gリアルタイム電波ビジュアライザ」を開発

電波の到来をリアルタイムに測定・解析し、可視化することができる世界初の実証実験用装置「5Gリアルタイム電波ビジュアライザ」を開発しました。【2017年5月】

4

MECを活用したサービス提供の実証実験に成功

富士通株式会社、株式会社富士通研究所とMEC(*1)を活用したシステムを、LTE商用網に接続し、サービス提供する実証実験に成功。高画質動画を20台のスマートフォンへの同時配信を実現。ネットワークカメラで撮影した映像をMECシステムで解析することにも成功しています。【2017年9月】

  • *1 MEC:Mobile Edge Computing(モバイル エッジ コンピューティング)の略称。移動体通信システムの基地局などにコンピューターシステムを配備し、アプリやサービスを提供することをさす。標準化団体European Telecommunications Standards Instituteが仕様の標準化を進め、ドコモはMECの標準化検討に検討委員会の創設メンバーとして参加。

5

世界初5G高信頼低遅延通信の屋外実験に成功

ドコモとファーウェイ社は99.999%以上のパケットデータ送信成功率と無線区間1ミリ秒以下の低遅延を同時に満たすことに世界で初めて成功しています。【2017年11月】

6

時速300kmの超高速移動環境で5G無線通信実験に成功

時速305kmで移動する自動車に搭載した5G移動局と、実験コースに設置した5G基地局との間で無線データ伝送に世界で初めて成功。新幹線乗車時での5Gの実効性が確認されました。【2018年4月】

【2】開発事例

1

ニューコンセプトカート

カート付近にいる通行人に向けて高画質な映像を、カートに搭載された高精細な4Kディスプレイで表示させるシステムを、ソニー社が開発ました。フロントガラスを含め、車載のウインドウをすべて液晶化。高精細・高感度の車載カメラの採用で、夜でも社内から周囲が明るく見渡せる自動車の実現に期待が寄せられています。【ソニー株式会社】

2

高速・低遅延な5Gを用いた建設・鉱山機械の遠隔制御システム

5Gを利用した高精度な建設機械車両(以下、建機)の遠隔操作システムをコマツ社が開発しています。5Gの高速・大容量通信の活用により、建機が撮影した高精細映像の伝搬を実現。遠隔操作のコックピットから現場の細かな状況把握を可能にしています。【コマツ】

3

高精細映像を使ったテレプレゼンス技術の実証

テレプレゼンス技術は、遠隔地の分身ロボットに乗り移り、遠隔の場所に自分が存在するかのように自由に移動できるシステムです。分身ロボットのディスプレイに自分の身体が投影され、対面者への自分の存在を強調。ショウルームや住宅展示場などでの応用に期待がかかります。【凸版印刷株式会社】

4

顔認証ゲートによるセキュリティエリアの実現

ALSOK社と日本電気社は、最新の映像解析技術とIT武装化した警備員により、安全なセキュリティゾーンを実現するソリューションを開発しました。5Gにより、現場での高精細画像の伝送を可能とし、現場の警備員と防災センターのスムーズなコミュニケーションも実現されます。【綜合警備保障株式会社(ALSOK)/日本電気株式会社】

5

人型ロボット遠隔操作システム

新日鉄住金ソリューションズは、VRコンテンツの開発で培ってきたモーションキャプチャー技術を使い、人型ロボットを自在に遠隔制御するシステムを開発しています。5Gの低遅延化・高信頼性により、サービスの安全性・確実性も担保しようとしています。【新日鉄住金ソリューションズ株式会社】

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。