セミナー情報

《中止》BCP策定に向けて企業がなすべき事とは(BCP 策定編)
~『BCP』構築に向けてのポイントと災害イマジネーションの重要性~

立川開催日:2020年2月21日(金)午後3時~午後5時 <参加無料>

本セミナーのお申込み受付けは終了いたしました。
東日本大震災を契機にBCPあるいはBCM構築に対するニーズが盛り上がったものの、
8年が経過した現在、企業間によってはその取り組み具合に相当の開きが見られるようになってきています。
一方では、東日本大震災以降も、熊本地震や九州北部豪雨等の自然災害は容赦なく自治体や企業を襲い、
また首都直下地震や南海トラフ沖地震などの大規模災害は今後30年以内に70%以上の確率で襲来してきます。

BCPやBCMに対する取り組みに一定の温度差が生じている状況下で、
もう一度、なぜBCPやBCMに取り組む必要があるのかを再考すべき時期に来ています。

本セミナーは、BCP・BCMに取り組む前提としての災害対応、とりわけ初動対応の重要性について再考する契機を提供し、
災害イマジネーションの重要性と共にBCP構築に向けてのポイントを学ぶことができます。

NTTドコモでは、国内外での新型コロナウイルスの感染が拡大する状況を鑑みて、参加者の健康や安全面などを第一に考えました結果、本セミナーを中止とさせていただきます。

何卒、ご理解のほどよろしくお願いします。

セミナー概要

開催日時2020年2月21日(金)午後3時~午後5時
(午後2時30分 受付開始)
会場立川グランドホテル
住所東京都立川市曙町 2-14-16
主催株式会社NTTドコモ
来場者数最大50名(先着順)
入場料/条件など無料
※ お名刺を頂戴いたします。
※ 講師と同業、コンサルタントの方、また主催社競合製品・サービスを取り扱う企業は
  ご遠慮ください。
※ 駐車場代等については、参加者のご負担とさせていただきます。

当セミナーでは参加者全員がタブレット端末(※)を使いながら受講になれます。
※ タブレット端末は主催側で準備いたします。

プログラム

セミナー内容

1.東日本大震災等に学ぶ教訓

東日本大震災でBCPを構築しいち早く復旧を成し遂げた企業から教訓を学ぶ

2.災害対応のポイントとBCP

防災上の災害対応のポイントとBCPとの違いについて

3.BCP構築のポイント

BCPを構築する上でのポイント(初動対応)について

4.災害イマジネーションの重要性

災害対応力を向上させ、BCPを機能させるためのポイントについて

5.まとめ



※ 変更や前後する可能性がございます。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

タイムスケジュール
時間 内容
午後2時30分 入場/受付 開始
午後3時 セミナー開始
午後4時30分 質疑応答
午後5時 セミナー終了

講演者プロフィール

 NTTラーニングシステムズ株式会社 防災コンサルタント
  (地域安全学会会員 日本法政学会会員 日本地震工学会地域レジリエンス評価プロジェクト委員)
 木村 正清 (きむら まさきよ)氏

内閣府調査検討業務、市町村に対する防災研修及び宮城県等の防災リーダー養成
企業に対するBCP施策に係るコンサルティングを展開
東京大学生産技術研究所目黒教授主催研究会でプロジェクトリーダーをつとめ、東日本大震災以降の復興プロセスの課題を炙り出し、新たなコミュニティー形成のための試論を提言するなど防災に係る論稿を多数執筆

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例などの記事を無料で週一回ご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。