お問い合わせ

法人向けサービスについて詳しく
知りたい方はこちら

メールマガジン登録

最新モバイル活用事例などの
最新記事を受け取りたい方はこちら

2018年6月29日

業務利用を徹底追求!タフなスマホが新発売

“頑丈さ”がウリのビジネス向けスマートフォン「TOUGHBOOK P-01K」が、ドコモから発売されます。業務用に作られたこの最新機種の魅力をいち早くレポート!

1. 頑丈さは誰のため?

頑丈スマートフォンとして発売前から話題のドコモ「TOUGHBOOK P-01K」(以下、P-01K)。同製品は、タフな環境で働く法人のお客様に向けて、ドコモがタフブックシリーズで堅牢製品にノウハウのあるパナソニックと企画・開発を進めてきたビジネス向けのスマートフォンです。

最大の特徴は、やはり頑丈さ。万が一、固い地面に落としたとしても、ディスプレイが割れたり、本体が壊れたり、システムが動かなくなるなどのリスクが格段に少なくなります。P-01Kは、米国国防総省の軍用規格(MIL規格 *1)の要求レベルをも超えるような、下記の厳しい試験(*2)をパスしているのです。

なぜ、ここまでの頑丈さを追求したのでしょうか──。それは、運輸・建設・介護などの現場で働く方が、手やポケットからスマートフォンを落としたことで破損したという声が多いからです。そういった現場の声を受け、業務中にあんしんして使えるスマートフォンを提供したい、それが、ドコモが P-01Kを発売する大きな目的であり、想いです。またP-01Kは、長時間振動の負荷がかかる長距離トラックでの利用や、粉塵が舞う工場や雨天の屋外での利用を想定し、振動や防塵・防水に関するMIL規格準拠の試験をクリアしています(*3、4)。

  • *1: MIL規格とは、米アメリカ国防総省が制定した米軍の調達物資の規格/評価のガイドライン「MIL-STD-810G」のこと。様々な物資に適用され、この規格をクリアすることは、過酷な条件下での使用に耐えうることの証明となる(※この規格に準拠したP-01Kの性能については下記*3を参照)。
  • *2: 試験例①高さ1.0mから1,000回の連続落下試験、②高さ1.8mからコンクリートへの落下試験、③ディスプレイに対する高さ80cmからの300g剛球落下試験(標準仕様の液晶保護フィルムを貼った状態での試験)など。
  • *3: P-01Kは、MIL規格における以下17の項目に準拠。落下、衝撃、振動、風雨、侵漬、湿度、粉塵(砂塵)、耐日射、高温運転、高温保管、低温運転、低温保管、温度衝撃、着氷性/凍結性降雨、凍結/融解、低圧力運転、低圧力保管。
  • *4: 本製品の耐衝撃・耐振動・防塵・防滴/防水・耐環境性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。
  • ※1 メモリ容量は、撮影した動画や静止画、ダウンロードしたアプリやデータなどの保存にすべての容量を使用することはできません。
    ※2 通信速度は、送受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況に応じて変化します。対応エリアの詳細についてはドコモ公式HPよりご確認ください。 
2. ロシアの寒さにも、中東の夏にも耐えてきた

タフブックシリーズは、これまで世界各国の企業に向けてパナソニックから販売されてきました。それらの国々には、ロシアのような極寒の国や中東諸国のように夏場の外気温が非常に高温になる国も含まれます。そうした厳しい環境のなかで鍛えられ、お客さまの現場業務を支えてきたノウハウを、今回の機種「P-01K」に継承しています。過去培ってきた耐熱・耐寒のノウハウを活かしながら、MIL規格もクリアしています。

日本でも、炎天下において、建築・土木現場では外気温が40℃超、また自動車の車内温度も1時間程度駐車場に停車させているだけで50℃近くに上昇することが予想されます。反対に、寒冷地域の真冬には外気温がマイナス10℃近くに達し、冷蔵倉庫の最低室温もマイナス5℃。P-01Kは、このような暑さ・寒さを想定した試験をクリアしており、そういった場所での業務をサポートできるのです(*5)。さらに、故障や破損を回避できれば、結果として企業にとって無視できない修理コストの大幅軽減も見込めます。

  • 高/低温環境、配送による振動、工場内の粉塵など、ビジネスにおけるさまざまな環境下での利用を想定し、MIL規格に準じた試験をクリア。
  • ※5: 温度は5℃~35℃、湿度は45%~85%の範囲でご使用ください(-10℃~50℃の温度範囲では動作可能ですが、5℃~35℃の範囲外では、本端末に直接触れないでください。やけどや低温やけど、凍傷の原因となります。また、ディスプレイの輝度低下や電池持ち時間の低下など一部機能制限や性能低下の可能性があります)。 
3. 丈夫さと使いやすさを両立

加えて、当機種では、作業現場で長時間使えるようバッテリー交換を可能にしました。このような設計は、落下時にバッテリーが外れてしまうリスクを高め、かつ、防水の難度を上げるものです。頑丈さを徹底追求するうえでは、バッテリー交換をさせないのが通常です。しかし建設工事、トラック配送、倉庫業務、介護などの現場での使い勝手を第一に考えれば、バッテリーによる動作時間は長ければ長いほどよく、しかも、バッテリーは時間の経過とともに劣化していくため、バッテリー交換を可能にした方が適切といえます。

そこでP-01Kは、バッテリーに2段階のロック構造を採用。落下の衝撃でバッテリーが外れるリスクを大きく低減しながら、ロックの解除で簡単にバッテリーが取り外せるような設計にしてあります。併せて、ゴム製ラバーでバッテリー装着時の本体の密閉性を高め、高い防水性能も実現しています。

4. 現場での作業効率を徹底追求

P-01Kには、現場でのスマートフォンの使い勝手をよりよくする工夫も随所に凝らされています。ご紹介したいのは「レインモード/手袋モード」の搭載です。これにより、水にぬれた手や作業手袋をしたままで、スマートフォンのタッチ操作が行えます。本体両サイドには、作業手袋をしたままでも押しやすいサイズのショートカットキーボタンを配置。このボタンの活用で、現場でよく使う機能をワンタッチで起動できるようになります。

一方、建設現場や工場のライン、交通量の多い道路などでは、周囲の騒音に邪魔をされ、自分の声を電話の相手にはっきりと伝えられない場合がありますが、P-01Kならば、その心配が軽減されます。表裏に計3か所もマイクが配置され、感知された周囲のノイズ同士が打ち消し合う機能を搭載しているからです。

マイクを3か所に配置し、周囲のノイズを感知し打ち消すノイズサプレッサー機能搭載。工事現場や交通量の多い道路沿いなど騒がしい現場でもクリアな通話が可能。

さらに、顧客を前にしたスマホ利用時にも「スマホで遊んでいる」という印象を与えない、ビジネスシーンに適したシンプルなデザインが採用されていたり、細やかな配慮はほかにも。専用ツールとして、業務に必要なアプリや機能だけに制限する機能制限ツールを提供するほか、納品前に各種設定を済ませておくキッティングサービスも展開される予定です。繊細で時間もかかるキッティング作業は、社員が多くなればなるほど、総務など担当者にかかる負荷や作業コストも大きくなります。機能制限ツールやキッティングサービスで、スムーズな端末導入に貢献します。

またそれぞれの企業専用にカスタムされた業務アプリやWebサービスを使う際の、従業員によるOSのバージョンアップ可否を自社でコントロールしたい、などの要望にも柔軟に対応できるよう検討がなされています。

このように、P-01Kは、業務における効率化やストレス軽減に注力したスマートフォンです。頑丈さも使い勝手も、すべては業務を行う現場で効力を発揮するためにあります。「タフな現場でも快適であんぜんにスマホを利用したい」──。そんな気持ちも、P-01Kならきっと叶えられます。

  • ※機能制限ツールやキッティングなどのサービスはオプションとなります。詳細やその他オプショナルサービスに関しては、ドコモ法人営業担当へ、または当サイトの「お問い合わせ」よりご質問くださいますよう、お願い申し上げます。
関連するコラム
  • 記事を読む
【事例】ロボットでコロナ対策&出張コストを抑制する時代が来た

コロナ禍を契機にビジネスの在り方が変わり、さまざまなビジネスでロボットが活用されはじめています。ドコモが提供するテレワークロボットの活用例を紹介します。

  • 記事を読む
現場の仕事をテレワークに変えてしまうロボットとは?

コロナ禍により、企業ではテレワークの普及が進みました。そうした状況のなかで注目されている、ロボットによる業務の代替について紹介します。

  • 記事を読む
院内の感染対策は「殺菌灯搭載ロボット」で安全にできる

コロナ禍において、医療現場では入念な感染防止対策が課題になっています。安全かつ効率的に感染対策を行う方法として注目されている、ロボットの活用について紹介します。

  • 記事を読む
コロナ対策や現場の管理は「協働ロボット」にまかせよう

感染症のリスクを軽減させるために、各方面で対策が取られています。人と人との接触を避けるため、さまざまな業種で注目を集めているロボットの活用例をお伝えします。

関連する導入事例
  • 記事を読む
定型業務に費やす時間を減らし、医療の質を向上

県民の健康を日々支える奈良県総合医療センターのスタッフの多くは、積み重なるパソコン作業により、長時間労働に陥っていた。これを解消した純国産RPA「Winactor」とは?

  • 記事を読む
トラックの位置情報を一括表示して稼働率アップ!

岩手県から鹿児島県まで73支社を持つ富士運輸。DoCoMAP導入で、課題だった空車回送率を16%も削減。さらに、点呼の電話が不要になりドライバーの負担も取り除くことに。

  • 記事を読む
クラウド型ビジネスツールで市議会運営を効率化

秋田市議会の運営を行う議会事務局。2018年度にタブレットを導入したが連絡業務に費やす時間に頭を悩ませていた。しかし、Gsuiteの導入により議員との意思疎通もスムーズに。他にも多様なビジネスツールが事務局職員を助けている。

  • 記事を読む
訪問看護の経費処理を自動化して業務負荷を軽減

介護・医療事業を営む株式会社あすかは、訪問スタッフの勤務形態を工夫している。その一端としてドコモのクラウドツールを活用し、事務処理稼働の削減に成功した。

関連するダウンロードコンテンツ

短遅延映像配信クラウドサービス Zao Cloud View

「Zao Cloud View」は、ボタン一つで現場からの双方向コミュニケーションを可能にする遠隔支援ソリューションです。リアルタイムで低遅延高品質な映像音声でのコミュニケーションを実現し、現場の遠隔支援を大きくサポートします。本資料では、そんな「Zao Cloud View」の詳細についてご紹介します。
ダウンロードコンテンツ

画像をクリックすると拡大表示します。

メールマガジン登録

Biz Solution by docomoでご紹介する導入事例や最新ビジネストレンドなどの記事を無料でご案内いたします。

お問い合わせやご相談はこちら

サービスについて詳しくお知りになりたい場合は、
メールまたはお電話でご依頼ください。