経営者(管理職)に求められるストレスマネジメントとは?

 従業員のメンタルヘルス対策への取り組みのひとつとして、2015年12月より労働安全衛生法の一部改正による「ストレスチェック制度」がスタートしましたが、見落とされがちなのが、経営者層のメンタルヘルスです。

 経営者層は組織のリーダーとして強い者であるべきという意識が自分自身や周りにもあり、実はこれが落とし穴になっているのです。職業性ストレスモデルの一例である「仕事の要求度-裁量度モデル」。経営者層は仕事の要求度が高くても裁量度が高い、つまり意志決定の自由度が高いと考えられるので、本来は従業員に比べストレス度は低いと思われがちです。しかし、従業員に比べてストレスのプレッシャー度ははるかに高く、かつ相談できる人が少ないなど、孤独な状態が経営者層のストレスの特徴といってもよいかもしれません。

 どんなに強い人でも、過度なストレス状態で憂うつ感や不安感といった気分が継続している場合は、うつ病などのリスクが考えられます。うつ状態だと正常な思考が行えなくなり、経営者層としての適切な判断や意思決定に大きな支障をきたすことになります。

 最近、「キラーストレス」という言葉を耳にするようになりましたが、過剰なストレスは精神症状だけではなく、脳を傷害し、死に至る場合があるという研究も紹介されています。

 このようなことからも、ストレスはため込まない、コーピングする(ストレスを緩和したり、原因を取り除いたりすること)などの対処が求められます。多大なプレッシャーにさらされる経営者層こそ、ストレスマネジメントを実践することが重要だといえるでしょう。

お問い合わせやご相談はこちら

サービスについて詳しくお知りになりたい場合は、メールまたはお電話でご依頼ください。

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。