2019年9月10日コラム

シェアサイクルで拡がる健康的で効率的な働き方

ビジネスパーソンのシェアサイクル利用が急増中

満員の通勤電車を乗り継いで会社に着くまであと数駅。ところが、その「ラストワンマイル」は乗り継ぎ客で猛烈に混雑し、乗車率は常に180%を超える。とはいえ、途中下車して徒歩で会社に向かうには少し距離がありすぎる……。

そんな通勤時の憂鬱やストレスを解消する一手が、シェアサイクルサービスの活用です。たとえば、電車を途中下車して駅近くにある専用駐輪場で自転車をレンタルします。そして、会社までの1〜2kmを快適に走り、会社近くの専用駐輪場に“乗り捨てる”感覚で自転車を返却し、あとは徒歩で会社に向かうというわけです。

東京では通勤や営業活動にシェアサイクルを活用するビジネスパーソンが増えている。

 

このような自転車の「ちょい乗り」「乗り捨て」が可能になることから、シェアサイクルサービスは利用者の裾野を着実に拡げてきました。

たとえば、シェアサイクルのシステムを提供しているドコモのグループ会社ドコモ・バイクシェアでは、すでに全国29エリアで約1万1,600台のシェアサイクルと約1,310か所の専用駐輪場「サイクルポート」を展開し、会員数は直営だけで59万人に達しています。その規模に至るまでの経緯をドコモ・バイクシェアの小澤 克年(第一事業運営部長)は次のように振り返ります。

「ドコモでは、2011年4月に横浜都市部のコミュニティサイクルとしてシェアサイクルサービスをスタートさせました。のちに東京都江東区、千代田区、港区、さらには、宮城県仙台市へとサービスを拡げ、2015年にドコモ・バイクシェアを設立。2011年のサービス始動からの約8年間で、私たちの事業は年平均成長率200%のペースで伸び続けています」。

株式会社ドコモ・バイクシェア
第一事業運営部長

小澤 克年

そんなドコモ・バイクシェアのシェアサイクルが最も活発に使われている地域は東京です。2019年6月時点で、すでに約7,700台の自転車と約740か所のサイクルポートが運用されています

また、東京23区内では、江東区、千代田区、港区などをはじめとする11区がドコモ・バイクシェアのシステムを使ったコミュニティサイクルのサービスを展開し、さらに都内10区(練馬区を除く)をまたいだ相互乗り入れを可能にしています。これにより、たとえば、江東区でレンタルした自転車を港区で返すといったことが可能になっています。

「こうした広域連携が進むにつれて、当社のシェアサイクルの利便性は一段と高まり、2015年に年100万回だったお客さまによる利用回数が2018年には年810万回へと跳ね上がりました。加えて、法人のお客さまが、社員の方の移動手段として当社のサービスを採用いただくケースも急増しております。」(小澤)。

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。