2019年7月30日コラム

データで確認!情報インシデントの傾向と対策

周囲の取組みを参考に

会社の大切なデータを守る施策はさまざまです。普段の仕事のなかで、従業員の方がパソコンやスマートフォンをどのように使っているかによっても、必要な対策は異なってきます。また、外部への漏えいを防ぎたいデータを、どのように保管/管理しているかによっても、打つべき施策に違いが出ます。そのため、数あるセキュリティソリューションのなかから、何を優先して導入すればよいかが見えづらくなることもあるのではないでしょうか。

そんなときに役立つのが、企業の情報セキュリティ対策に関する調査資料です。というのも、それを参照することで、日本の組織において、どのような情報セキュリティ侵害が発生していて、どのような対策が重視されているかが確認できるからです。以下では、そうした調査資料のひとつとして、総務省の「平成29年通信利用動向調査報告書(企業編)」(以下、「総務省報告」と呼ぶ)を取上げ、そのなかから、みなさまの参考になるようなデータを厳選してご紹介します。

お問い合わせやご相談はこちら

サービスについて詳しくお知りになりたい場合は、メールまたはお電話でご依頼ください。

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。