2017年10月30日コラム

【第1話】情報セキュリティとは、何を守るのか?(渋屋隆一)

情報セキュリティ入門

「うちに“秘密情報”なんてないよ」の間違い

 「うちみたいな小さい会社に秘密情報なんてないよ」

 情報セキュリティの話をしたとき、多くの中小企業経営者が示す反応です。気持ちはよくわかりますが、注意を払う必要があります。事業を継続していれば、秘密情報を必ず保持しているからです。

 この連載では、企業における情報セキュリティ対策の基礎を3回にわたって紹介します。第1話では、「何を守るのか?」を中心に考えます。最初に守るものが明確でなければ、その後の対策ができないからです。


気づかぬうちに“秘密情報”は増えている

 “秘密情報”の具体例を見てみましょう。

 日々、お客様や取引先からいただく名刺は、立派な秘密情報(個人情報)です。同様に、従業員のマイナンバー、住所、給与明細も秘密情報です。また、取引先ごとの仕切り額一覧表や、これまでの取引実績も重要な情報です。取引先から取扱注意と言われた情報もあれば、社内で保持している大切な新製品の設計書や開発情報などもあるでしょう。

 これらの情報が全くないという会社はありません。事業を継続していれば新たな取引先が自然と増えるなど、秘密情報は増える傾向にあります。

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。