RPAを導入する5つのメリット

「RPA」とは、「Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)」の略称で、人が手作業で行っている業務処理をソフトウェア型のロボット(「デジタルレイバー」とも呼ばれる)に代行させ、業務の大幅な効率化、あるいは自動化を実現することをいいます。さまざまな業界での人材不足が深刻化するなかで、RPAのソリューションへの関心は高まり、経済産業省の「2018年版中小企業白書」(*1)によると、2017年時点で、中小企業の約6割(59.3%)が「RPAという用語」を知っていると答えたといいます(図1)。

図1:ITキーワードの認知率

この認知率は、「AI」(認知率95.1%)や「IoT」(同82.4%)、「ビッグデータ」(同81.5%)に比べるとまだまだ低いといえます。とはいえ、RPAという言葉が日本で使われるようになったのは2016年ごろのことです。それを加味すると、RPAに対する認知は、かなりのスピードで拡がってきたといえるでしょう。またそこからは、この技術に対する企業の期待の大きさもうかがえます。

では、RPAの活用は、企業にどのようなメリットをもたらすのでしょうか。以下では、RPA導入の成功事例を参考にしながら、その答えの一端をご紹介します。

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。