お問い合わせ

法人向けサービスについて詳しく
知りたい方はこちら

メールマガジン登録

最新モバイル活用事例などの
最新記事を受け取りたい方はこちら

2021年6月16日

コロナ禍で注目されるサービス「オンライン健康相談」とは?

本記事では、オンライン健康相談サービスのメリットや選び方について紹介します。新型コロナウイルスの影響で多くの人々が健康状態に不安を抱えるなか、感染を恐れて病院の受診を控える方も増えています。そこで、今注目されているのがオンラインで健康相談ができるサービスです。おすすめのサービスも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

1.  コロナ禍の健康状態に不安を感じる人が急増している

新型コロナウイルスの影響で、自身の感染はもちろん、家族が感染したときにはどうしたらいいのか、不安を感じる方が増加しています。また「コロナで職を失った」や「子どもの学校が休みになったので働きに出られない」など、健康上の問題だけでなく、金銭面でも危機的な状況に追い込まれている方も少なくありません。

さらに、コロナへの感染を恐れるあまり、持病があってもこれまでのように病院に行かない「通院控え」も増えています。病院に行ったらコロナに感染するかもしれないという不安を抱える人が、対面での受診をオンライン相談のような非対面に切り替える取組みが始まっています。

オンライン相談のように直接誰かと会う必要がないものであれば、自分が病気に感染したり、相手にうつしたりするリスクもありません。また「こんなこと相談していいの?」と思うような些細なことでも、気軽に相談できるので早期に不安が解消できます。

2.  オンライン相談サービスのメリット

オンライン相談は非対面で相談ができるということ以外にも、さまざまなメリットがあります。以下ではオンライン相談サービスのメリットを3つ紹介します。

気軽に相談しやすい

オンライン相談最大のメリットは気軽に利用相談できるところです。特に24時間受付のオンライン相談サービスなら、これまでの通院のように診療時間を気にする必要もありません。仕事や子育てで忙しい方でも、自宅や外出先など、好きな場所でいつでも相談ができます。またこれまで対面では相談しにくかった悩みでも、オンラインなら話しやすいという声も多いようです。

しかし、なかにはオンラインだと相手の顔が分からないから不安という方もいるでしょう。そんなときはビデオ通話のオンライン相談がオススメです。ビデオ通話なら相手の顔が見えるので、病院で受診しているときと同じような感覚で相談できます。反対に「人と話したくない」「ビデオ通話は苦手」という方は、チャット形式のオンライン相談を利用してみるとよいでしょう。

外出が不要になる

従来の通院やカウンセリングは、忙しい方の場合、なかなか時間やタイミングを合わせるのが難しかったことでしょう。その点、オンライン相談なら自分の好きなタイミングで利用できるため、仕事や育児の隙間時間を活用できます。

またネット環境が整っていればどこでも相談可能なため、通院のようにわざわざ外出する必要がありません。外出が不要ならばそれだけコロナ感染のリスクも減らせます。さらに身体が不自由、高齢等の理由で外出が難しい方でも、自宅で相談できるので安心です。移動する時間もかからず、悩みを早く解消できるというメリットは大きいでしょう。

料金が安い

オンライン相談は料金が安いのも特徴です。これはカウンセリングルームの場所代や光熱費などの維持費がかからないことが挙げられます。また実際に外出しないので、相談側も交通費がかからないのもメリットです。

オンライン相談には無料のサービスもありますが、しっかりと相談したい方には有料のサービスをオススメします。有料のサービスであっても1回100円や月額200円〜550円、30分2,000円など、比較的リーズナブルなところが多いので気軽に利用しやすいです。

3.  オンライン相談サービスの選び方

便利でメリットの多いオンライン相談ですが、非対面なだけに医師やカウンセラーがどんな方なのか不安という方もいるでしょう。以下では、オンライン相談サービスを選ぶ際に気をつけたい3つのポイントを紹介します。

信頼できる相手かを判断
オンライン相談サービスを選ぶ際にまず気にしたいのは、相談する相手が信頼できる相手かどうかです。一般的に健康上の相談であれば病院に直接行き、医師などの有資格者が対応してくれますが、直接会うわけではないため相手の素性を確認できません。
 
資格がないのに医療に関わる指導をするのは医師法違反に抵触する恐れがあるため、相談する前に相手が医師かどうかサービス提供元のサイトなどでしっかり確認しましょう。なおオンライン相談サービスのなかには医師が実名で回答してくれるものもあるので、信頼できる相手にお願いしたい場合はそういったサービスを利用するのが安心です。有資格者であれば適切なアドバイスがもらえることに加え、守秘義務も遵守してくれます。
相談の目的を達成できるか

相談の目的を明確にし、その目的を達成できるかどうかでオンライン相談サービスを選ぶのも大切です。たとえば風邪症状やコロナ関連の相談であれば内科医が対応してくれるサービス、食生活や食事改善の相談は管理栄養士など、自分が相談したい内容を専門とする医師が在籍しているかどうかを、サービスの概要や医師のプロフィールなどから確認しましょう。

また初めてオンライン相談を利用する場合、「緊張して何を聞けばよいのか忘れてしまった」ということのないように、相談したい内容をあらかじめメモに書いておくとよいでしょう。聞きたいことを整理しておくことで会話もスムーズに進み、的確なアドバイスをもらいやすくなります。

自分のライフスタイルに合っているか
オンライン相談サービスを選ぶ際、自分のライフスタイルに合っているかどうかも重要なポイントです。日中は仕事や育児で忙しいという方は、夜遅くまで対応してくれるところや、24時間相談を受け付けているサービスを選ぶとよいでしょう。また、人と話すのが苦手な方や自分のタイミングで相談をしたい方は、メールカウンセリングやチャットカウンセリングを活用しましょう。
 
4.  健康に関する相談ができるオンライン相談サービス「dヘルスケア」がオススメ
どのサービスを利用したらいいか迷ってしまうという方には、NTTドコモが提供する「dヘルスケア※1」がオススメです。「dヘルスケア」は『App Ape Award 2020』アワードにて、昨年に続き、2年連続で「人気投票アプリ部門 最優秀賞」を受賞いたしました!
 
「dヘルスケア」では、体重・体脂肪率・血圧・脈拍・体温・歩数・歩行距離など、健康に関わるさまざまな情報の記録と管理ができます。記録した内容はグラフ化され、日々の健康維持に役立てられるのが魅力です。さらにオンライン相談も可能で、耳鼻科、小児科、内科、眼科、がん診療科、産婦人科、外科、皮膚科、整形外科、精神科、泌尿器科、食事栄養相談など、12の診療科目から専門の医師に相談ができます(新型コロナウイルス関連のお悩みは内科で相談可能)※2。
 
なお月額使用料は330円(税込)※3で、dアカウントを取得すればドコモユーザー以外の方でも利用が可能です。また、上記のサービス以外にも、ヘルスケア情報の配信や抽選でポイントがもらえるミッションなど、健康管理が楽しくできるようなサービスも揃っています。
 
続いては、それらのサービス内容や「dヘルスケア」のオンライン相談について説明していきます。

※1「dヘルスケア」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
※2オンライン相談サービスは健康相談であり、診察・診断は行えません。
※3一部機能は無料で利用できます(「dヘルスケア」無料版)。

毎日の歩数がdポイントに換算
「dヘルスケア」から毎日配信される歩数ミッションをクリアすると、抽選でdポイント(NTTドコモが提供するポイントプログラム)がもらえます。貯まったdポイントは、街のお店やオンラインショッピングで利用可能です。たくさん歩いてお得にポイントを貯めましょう。
24時間いつでも相談可能
「dヘルスケア」では、健康に関するお悩みを24時間いつでも医師に相談できます。オンライン相談はチャットで行うので、電話やテレビ通話が苦手な方でも気軽に利用できるでしょう。またすべての医師が実名で回答してくれるので非常に安心です。自身のことだけでなく家族の健康相談もできるので、心配なことがあれば相談してみましょう。

※オンライン相談は「dヘルスケア」有料会員のみ利用可能です。

12種類のお悩みに合わせたミッションを配信
「dヘルスケア」では、医師が監修した健康に関するさまざまなミッションを毎日配信しています。ミッションではダイエット・疲れ・睡眠不足など、お悩み別のクイズが日替わりで出題されるので、正解を目指してがんばりましょう。クイズに正解すると歩数ミッション同様、dポイントがもらえます。健康問題に詳しくなれるミッションで健康維持をしながら毎日お得にポイントを貯めて活用しましょう。

コロナ禍で健康状態に不安を抱える人が多いなか、感染のリスクを恐れて病院に行けないのは大きな問題です。そんなときには、非対面で気軽に相談できるオンライン相談サービスをぜひ活用してみてください。医師に直接悩みを相談して健康状態の維持や不安の解消につなげましょう。

 

関連するコラム
  • 記事を読む
リモートワークによる過重労働の対策方法を詳しく解説!

テレワークが普及する一方、あまり明るみに出ない残業時間の増加が問題視されています。残業時間が増加することで過重労働へとつながり、従業員が深刻な健康障害を負っている可能性もあります。そこで本記事では、過重労働の基準や健康障害、また過重労働の対策方法について詳しく解説していきます。

  • 記事を読む
今、日本の重要課題である生産性の向上。今後注目なのは健康経営

働き方改革の一環として、日本企業の多くが労働時間の短縮に取組んでいます。しかし、ただ残業を減らすだけではよい結果を導くことはできません。本質的に重要なのは、組織全体としての生産効率を上げることなのです。今回は、企業の生産性アップのために重要なポイントとなる「健康経営」についてご紹介します。

  • 記事を読む
健康寿命を延ばす方法。健康のために地方自治体ができることとは?

健康寿命とは、簡単にいうと、「誰の助けを借りることなく、健康的に日常生活を送れる年齢」のことです。 この記事では、健康寿命と平均寿命との違いから健康寿命の重要性、健康寿命を延ばすために効果的な方法についてご紹介します。 国は健康寿命を延ばすプロジェクトを推進しており、自治体レベルでも取組みが必要とされています。

  • 記事を読む
近年義務化されたストレスチェック制度。概要と実施の流れを解説

平成27年12月1日に「ストレスチェック制度」が施行され、所定の条件を満たす企業や組織には年に1度の実施が義務付けられました。この記事では、ストレスチェック制度の概要やメリット、注意点などを解説します。ストレスチェック制度への理解を深めて、メンタルヘルスケアと職場環境の改善をめざしましょう。

関連する導入事例
  • 記事を読む
楽しく続ける仕組み満載のアプリ導入で、若年層の健康意識も向上

「健康医療先進都市」を新規重要施策に掲げる山形市は、市民の健康に対する意識を高めることを目的に、「SUKSK(スクスク)生活」を提唱しています。活動の一つとして、健康づくり活動への参加でポイントがたまり、記念品抽選に参加できるという事業がはじまりました。

  • 記事を読む
楽しく歩いてポイントもたまる!一石二鳥の「健康マイレージ」導入

伊予市では健康ポイント事業開始にあたり、ドコモが提供する健康ソリューション「健康マイレージ」を採用。ウォーキングを楽しく続けることにこだわったスマホアプリを2019年3月に導入しました。

  • 記事を読む
時間栄養学でコンディションを整え、最高のパフォーマンスを実現

社員の健康を支える健康経営に取組むなかで、アビームコンサルティングが着目したのが「時間栄養学」です。 その時間栄養学をもとに開発されたドコモが提供するサービス「リボーンマジック」を活用しながら、社員のパフォーマンスとコンディション、その両方の維持・向上に力を注いでいます。

  • 記事を読む
横浜市の健康ポイント事業、「健康マイレージ」アプリで課題解決!

横浜市はウォーキングを通じた健康づくりの事業『よこはまウォーキングポイント』で、2018年4月にスマートフォンアプリの配信を開始。開発にあたり、ドコモのサービス「健康マイレージ」を活用し、働く世代の参加促進に成功しています。

関連する
ダウンロードコンテンツ

withコロナ時代における健康経営の取り組み方

コロナ禍によって、従業員の働き方や生活様式は以前と大きく変わってきています。 外出自粛やテレワーク推進・時間差出勤等により、「運動不足」「体調不良」「生活リズムの崩れ」などの新たな健康課題に直面している企業も多いのではないでしょうか? 本資料では、その課題を解決する取り組みについてご紹介します。
ダウンロードコンテンツ

画像をクリックすると拡大表示します。

メールマガジン登録

Biz Solution by docomoでご紹介する導入事例や最新ビジネストレンドなどの記事を無料でご案内いたします。

お問い合わせやご相談はこちら

サービスについて詳しくお知りになりたい場合は、
メールまたはお電話でご依頼ください。