2019年5月14日コラム

新入社員を情報漏えいリスクから守る

社会人一年目の情報セキュリティリスク

会社で仕事をするなかでは、社外の人や部外者には絶対に口外したり、見られたりしてはならない情報を扱うことが多くあります。

企業人として一定の経験を持つ方は、自社にとってどの情報が大切で守るべきものなのか、あるいは、どういった情報が社外秘/関係者外秘にあたるのかを即座に判断し、適切に扱う能力を身につけていきます。ところが、社会人一年目の新入社員の方はそうではありません。情報の取扱いに関するルールをしっかりと教えてもらわなければ、業務のなかで、どの情報をどう扱うのが適切かの判断がつかないことが間々あるはずです。

一方で、今日の若い世代の方は、大多数がスマートフォンなどを日常的に活用し、SNSなり、チャットやブログなりを通じて、情報を広く発信したり、友人・知人と共有したりすることに慣れてもいます。そうした世代の新入社員の方が、会社や仕事の情報を適切に、かつ安全に扱うためのルールを知らないでいると、本来的には社外秘/関係者外秘にすべき情報をSNSで拡散してしまうなどの恐れがあります。万が一、そのリスクが現実のものとなった場合には、会社は、社会的な信頼・信用の低下というダメージを被ることになります。

そのようなリスクを低減させるためには、新入社員の方に情報の扱い方に関するルールを学んでもらい、業務のなかで、仕事の情報やスマートフォンをどのように扱うのが適切かを理解してもらうことが大切です。以下では、そうした教育を行う際に、新入社員の方に伝えておいた方がよいと思われるポイントを5つご紹介します。

お問い合わせやご相談はこちら

サービスについて詳しくお知りになりたい場合は、メールまたはお電話でご依頼ください。

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。