2018年2月5日コラム

【第3話】働く個人が取り組めるストレス対処法(宮川浩一)

中小企業のメンタルヘルス入門

従業員が自分でできるストレスコーピング

 前回は、ストレス対処能力を高める概念として首尾一貫感覚(sense of coherence:SOC)とSOCを高める企業としての取組事例をご紹介しました。

 今回は、個人が取り組むストレスマネジメントの中で、SOCの向上につながるストレスコーピング(ストレス対処法)を取り上げてみましょう。

 以前掲載したコラム「経営者にこそストレスマネジメントが必要である」でも、ストレスコーピングをいくつか簡単に紹介しました。今回はこの中でも近年注目されている「マインドフルネス」と「アンガーマネジメント」を詳しく紹介したいと思います。

 SOCを高める要素がいくつかある中で、特に「感情コントロール」「自己効力感」「人間関係」等に効果があるといわれるのが、これら2つの手法です。

瞑想や座禅をベースにした「マインドフルネス」の効果

 「マインドフルネス」は、仏教の瞑想や座禅をベースにマサチューセッツ大学のジョン・カバット=ジンによって、1970年代にストレス低減の手法として確立され、その効果については科学的に実証されています。

 ゆっくりとした呼吸で行うマインドフルネスは、心身をリラックスさせ、副交感神経の働きを高める効果があります。想像力を広げたり、集中力を高めたりする効果もあるといわれており、世界的IT企業のグーグルをはじめ多くの企業が社員教育に取り入れていることは有名です。

 私たちは普段、何かをしているときでも無意識に過去を思いだしたり、未来を想像したりしていることがあります。あれこれと過去や未来に心がさまよっている状態を「マインドワンダリング」といって、簡単に言えば“心ここにあらず”のこと。ある調査では、日常の半分は「今」とは関係ないことを考えているそうです。

 常に何かを考えてしまうのは人間の特性ですが、実はこれらがストレスの大きな原因になっていると言われています。昨日上司に叱られたこと、明日気の進まないミーティングがあることなど、あれこれ考えることで心に負荷をかけているのです。特に自分ではコントロールできない事象について考えていると、なおさら無用なストレスを抱え込んでしまいます。

 心を過去や未来に飛ばさず、現在に留めておくことこそが、ストレスをため込まない方法なのです。「今」に意識を向ける。心ここにあらずの状態からハッと気づく。目覚めの状態に戻す。これを自在にこなす技法がマインドフルネスです。

 

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。