2018年1月22日コラム

【第2話】効果的な企業のメンタルヘルス対策とは(宮川浩一)

中小企業のメンタルヘルス入門

ポジティブなメンタルヘルス対策の取り組み

 前回は、中小企業で最も取り組むべきメンタルヘルス対策は、「0次予防」という話をしました。

 0次予防とは、自然な形でのメンタルヘルス対策を可能とするような、ポジティブな取り組みを指しています。職場の生産性向上や業績アップなどを通じ、結果としてメンタルヘルス不調者の発現を抑えます。2015年に法施行された「ストレスチェック制度」の趣旨・目的でも、職場環境改善が奨励されていますが、さらに一歩進めて組織開発アプローチに取り組むことが0次予防の実践につながります。

 組織開発とは、組織の効果性と健康性を高め、組織が環境変化にタイミングよく適応していくために、組織を動かしている人の価値観や態度、風土、人と人との関係などをより良い方向に変革を図っていくことです。0次予防の組織開発は、個人ではなく、個人同士の関係性に働きかけていくことで孤立を防ぎ、一体感のある組織づくりを目指します。職場の風通しを良くして、良好な人間関係を築くことも可能になります。

 ここで0次予防の組織開発を考えるうえで、参考になる概念をご紹介しましょう。

 職場のストレス状況を踏まえた対策を考えるうえで、重要な概念のひとつとして「首尾一貫感覚(sense of coherence:SOC)」を挙げることができます。SOCは、ストレスの対処能力を測る指標で、いわゆる「打たれ強さ」を醸成していく3つの精神的要素のことです。詳しくは後述しますが、メンタルヘルス用語としてよく聞かれる「レジリエンス(resilience:復元力、回復力)」や「ハーディネス(hardiness:たくましさ、忍耐力)」という概念と同様に、近年注目が高まっています。

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。