意外⁉ IT導入は「効果あり」が6割強

中小企業の労働生産性向上や収益増に対して、IT活用がどれほど効果的なのか──。この点に対する企業の見解は実にさまざまです。「効果が見えない」という声がある一方で、「生産性の向上に不可欠」「収益増に有効」と評する声も多くあります。

では、実態はどうなのでしょうか――。前編となる今回は、経済産業省(以下、経産省)・中小企業庁が2018年4月20日に公表した2018年版『中小企業白書』(以下、本書 ※文末参照)から、特に中小企業における労働生産性とIT活用との関係について客観的に見ていきます。

 

まずご紹介したいデータは、中小企業によるIT 導入の総合評価です。約3,900 の企業に行われたアンケートに対し「IT を導入し、ある程度の効果が得られている」と回答した企業が最も多く、全体の50.8%に上っていることがわかります。さらに「ITを導入し、期待した効果が得られている」とした回答率(12.6%)も加えると、なんと全体の63.4%の中小企業がIT導入の効果を感じているということがわかります。(*1 図①を参照)

*1 図①:ITに対する企業全体の総合評価

 出典:2018年版『中小企業白書』(中小企業庁)の 掲載データを編集部で加工して作成

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。