デザインへの投資は4倍の見返り!?

デザインの力、あるいはデザインの手法を経営に取り込むことが、新事業を立ち上げる上でも、事業のあり方を変えて競争力を高める上でも有効である─。ここ数年来、こうした見解が日本のメディアの間で見受けられるようになってきました。

また、そのように主張するのはメディアだけではありません。経済産業省も、デザインを日本企業の競争力を高めるカギとして位置づけ、2018年5月には「『デザイン経営』宣言」と題したレポートを公表しています(*1)。この宣言によると、デザイン経営が企業にもたらすメリットは大きく、一例として、「デザインに投資すると投資の4倍の利益が得られる」という英国の調査(*2)を紹介しています。

では、なぜデザインがここまで重視されはじめているのでしょうか。

経済産業省の宣言によれば、企業にとってのデザインとは、「企業の価値や文化を商品やサービスと顧客との接点を通じて表現する営み」であるといいます。

デザインによって、商品の外見やブランドの好感度が上げられるばかりではなく、顧客とのあらゆる接点を通じて、企業固有の価値・意思・文化にもとづく一貫したメッセージが伝えられるようになり、それが結果的に、顧客にとって「ほかでは代替できないブランド」の構築につながっていくとされています。

また、デザインは、人々が気づけなかった潜在ニーズを掘り起こす営みでもあり、新規事業を構想する上でも、きわめて有効であると経済産業省の宣言は指摘しています。

もっとも、こうした言葉だけでは、デザイン経営が具体的にどのようなもので、どういった効果が得られるかが、つかみづらいともいえます。そこで以下では、デザイン経営の実践によって新事業の立ち上げに成功した事例をご紹介します。これは、山梨県の半導体加工事業者の株式会社塩山製作所が、マグヴィスワイナリー(以下、MGVsワイナリー)という新しいワイナリーを立ち上げた事例です。

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。