2018年11月29日導入事例

長い待ち時間を解消する

大和自動車学校さま

地域密着型でも教習生は年々減少

神奈川県大和市に位置する大和自動車学校は、神奈川県公安委員会指定の教習所である。教習生の立場に立った親切・丁寧な教習をモットーに、各種運転免許の取得用コースを展開している。

「当校は、大和市内唯一の自動車学校なんです。ですから、若い方から年配の方に至るまで、地域の皆さんから支持され、頼りにされる自動車学校であり続けたいという想いが強くあります。そのため、教習生に対する指導だけでなく、地域の交通安全を促進するための啓発/教育活動にも取組んでいます」と、講習課長の阿部さんはいう。

 

同校は地域密着型が大きな特徴のため、地元の高校などでの講義などによる交通安全に関する地域貢献も行っているようだ。市内唯一の自動車学校だけでなく、そういった活動などから、周辺地域での大和自動車学校の知名度は高い。そんな同校でも、教習生の数は減少傾向をたどってきた。背景にあるのは、少子高齢化と若い世代の自動車離れだ。

大和自動車学校
講習課長

阿部 宜幸 さん

「実は、当校の場合、2つの鉄道が交差する大きな駅から近いこと、また市内で唯一の自動車学校というアドバンテージがあったことから、教習生が減りはじめたタイミングは他校に比べて遅かったといえます。それでも10年ほど前からジリジリと減り続けているのは事実です。最大の要因は、やはり若い方の車離れで、当校の教習生のなかにも、両親にいわれたから渋々という方が多くいますね」(阿部さん)。

こうした教習生減少の流れに歯止めをかけるべく、大和自動車学校ではさまざまな施策を打ってきた。一つは、コースの増設。四輪車のみだった教習コースに二輪車・二種免許も追加。また短期集中型の教習カリキュラムも試験的に導入している。

もう一つが、環境作りだ。教習生にとっての「居心地のよい環境」作りや「利便性の高い環境」作りにも、かねてから力を注いできた同校は、無料託児室や自習室などの設置、タッチパネル式予約機の導入などに加え、2016年からWi-Fi環境も導入。さらに、最近採用したのがドコモの「dマガジン for Biz」だった。

関連サービスのご紹介

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。