2018年3月19日導入事例

クラウドで在宅医療支援、業務効率化と情報共有を実現

スターコミニティさま

クラウドと端末の導入が、サービス向上につながる

 同社に勤務する理学療法士の安見咲子氏は「今回1人1台タブレットが支給され、また実績入力システムを使えるパソコンも増えたことで、月初の申請作業が格段に効率化されたと感じます。事務作業にかかる時間はなるべく減らし、利用者さまへの訪問に時間を使いたいですから、助かっています」と話してくれた。

 また、ケアマネージャーの多田功文氏は「タブレットは、訪問先で使うことはもちろんですが、事務所内でパソコンと併用できることもメリットですね」と話す。「タブレットで月間のスケジュールを見ながら、パソコンで週間スケジュールを確認したり、タブレットで前回の支援結果を参照しながら、今回の支援結果を作成したり、便利に使っています」と、端末が1人1台支給されていることのメリットを強調する。

 クラウドサービスとモバイル端末の活用による業務の効率化、情報共有が、訪問介護・訪問看護の現場で働くスタッフたちを支える。訪問の時間がそれだけ豊かなものになり、提供するサービスの質の向上につながれば、地域医療・福祉が充実する。私たちの、地域における安心で豊かな暮らしの実現に、ICTが役立っている。

お問い合わせやご相談はこちら

サービスについて詳しくお知りになりたい場合は、メールまたはお電話でご依頼ください。

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。