2018年3月19日導入事例

クラウドで在宅医療支援、業務効率化と情報共有を実現

スターコミニティさま

業務効率化だけでなく、情報共有にもメリットあり

 当初3台のPCと15台のタブレットを導入し運用を開始すると、すぐにPC3台とタブレット5台を追加導入。常勤のスタッフにはタブレットを1人1台貸与、非常勤のスタッフにも出勤時には1台携行できるような体制を構築した。「以前は1業務PC2台のみでしたが今では6台のPCがすべての業務に使える事もあり、申請の時期の『ゆずりあい』は、ほとんどなくなりました。日々の業務においても、これまでは事務所に戻ってから手元の紙を見て一気に入力していたのが、訪問の現場や次の訪問までの空き時間などを利用して入力できるので、無駄がなくなりました。価格の面でも、トータルで見て以前よりも大幅に抑えることができました」と片倉氏。

 クラウドにすることで、情報共有の面からもメリットがあったという。「訪問看護は緊急対応という形で24時間看護対応をしています。緊急の場合、当番の看護師に電話がかかってきて、訪問する。当番の看護師は、自分の担当ではない、事前情報の少ない利用者を訪問しなければならないこともあるんです。以前は一度事務所に寄ってカルテを確認するとか、担当の看護師に電話をかけて確認することが必要でした。でも今はタブレットを見れば利用者の基本情報や、前回の訪問の様子がわかるので、一手間かける必要がなくなりました」(片倉氏)。

お問い合わせやご相談はこちら

サービスについて詳しくお知りになりたい場合は、メールまたはお電話でご依頼ください。

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。