2018年7月30日

ペーパーレス化で加速した現場主導の働き方改革

ケイ・テイ・エイさま

最大の強みは若い力と創造力

三重県伊賀市に本社・工場を構える株式会社ケイ・テイ・エイ(以下、KTA)は、ステンレス鋼材の溶接技術や製缶加工技術を土台にしながら、各種機器・装置の製造を手がける事業者だ。創業は1993年。工作機器メーカーや医薬品・化粧品メーカー、樹脂メーカーなどを主要顧客とし、各社が要望する製作機械・生産装置をオーダーメイドで作り上げている。近年では、顧客企業のニーズをヒアリングして図面に起こし、機械・装置へと形にしていくビジネスも多いという。

そうしたKTAの特色の一つは「若さ」にある。高齢化が進む製造業界にあって、同社の従業員約50名の平均年齢は30歳代。人手不足という悩みは抱えながらも、「現場で働く若い従業員たちは、コミュニケーションを上手にとりながら、連携して仕事を進めています。彼らの創造力と熱意は、当社の最大の強みといえますね」と、武田 勝氏は誇らしげに語り、こうも続ける。

「当社のものづくりは、同じ製品を大量に生産するのではなく、オーダーメイドの製品を、一つひとつ丹念に、創意工夫を凝らしながら仕上げていく仕事です。同じ工場で作業をしている技術者が、それぞれ異なる製品を作っていることもあります。このようなものづくりは、経験の浅い若手にとって難しい面もありますが、自分のアイデア・努力が目に見える形や成果となって表れるので、やりがいも強く感じられます。それが、若手のモチベーションにつながっていると思います」

株式会社ケイ・テイ・エイ
PROCESSING INDUSTORY
Management Section Head
武田 勝 氏

そんな同社の従業員が、業務中に常に携帯しているのがドコモのタブレットだ。タブレットは現場の業務には欠かせないツールであり、「これがないと仕事にならないほど重要な役割を担っています」と武田氏は説明する。では、タブレットは具体的にはどう使われているのか──。同氏は、導入の経緯とともに、実際の活用法を教えてくれた。

関連サービスのご紹介

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。