2019年3月18日導入事例

ブランド海苔の品質を高める、海洋環境の見える化

大和漁業協同組合さま

海苔の養殖以外にも広がるICTブイの可能性

田中さんら海苔師たちは利便性を実感する一方、予想外の導入効果に驚いた。今までの経験では見えてこなかった事実がデータによって顕在化したのだ。

「干潮時は流れてくる川の水の影響を一番受けるため、塩分濃度がある程度下がるんです。その次に満潮になる際に、沖の水が入ってくるため比重はある程度上がるはずだと思っていたのですが、反対に下がる時間帯があることが、はじめてわかったんです。これは、アプリを導入しなければ気づけなかった事実ですね」。

新しいソリューションの導入によって判明した事実。経験と技術の融合はおいしい海苔づくりのために必要不可欠だと語る田中さんの言葉には、熱がこもる。

大和漁協 総代長
田中 智幸 さん

「海の仕事は本当に難しいんです。先人の教えと自分たちの経験で体を動かしてきましたが、数値が見える化されることにより、後継者になっていく世代にも役立つ記録が残せます。私は『福岡有明のり』が一番おいしいと自信を持っているので、みなさまに安定して良質な商品をお届けするためにも、ICTブイを導入して本当によかったなと感じています」。

「福岡有明のり」は風味とやわらかさに高い評価が寄せられている。

組合長の西田さんは、ICTブイは海苔の養殖以外にもアサリの増殖にも活用できるはずだと期待する。

「環境面において、有明海の豊かな生態系を持続させるために、アサリの増殖を図っています。アサリの増殖も海苔と同様に海況把握が必須のため、そちらでも今後活用させたいと考えています。またICTブイでの記録は、製品の生産背景を証明できるものになっていくでしょう。消費者の方からあんしん・安全だと認識された上で選んでいただくためにも有効ですし、『福岡有明のり』のブランド向上のためにも役立つと思います」。

福岡が誇る最高品質のブランド海苔を消費者に安定して提供するために、大和漁協の海苔師たちは最先端の技術を取り入れ、最適な養殖に全力で取組んでいる。海産物の養殖において、ICTの活用が当たり前となる時代はそう遠くないのかもしれない。

関連サービスのご紹介

お問い合わせやご相談はこちら

サービスについて詳しくお知りになりたい場合は、メールまたはお電話でご依頼ください。

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。