2018年1月15日お客さまの声

一刻を争う救急医療の現場を支えるセキュアチャット

日本医科大学千葉北総病院さま

命を救う人たちをITの力でサポート

 現在、日本医科大学千葉北総病院 救命救急センターは「WowTalk for ビジネスプラス」の年間ライセンスを24ID契約している。「IDの登録者を1年間、自由に変更することができるため、人事異動があっても問題ありません。また、研修医などの若い医師が入ってくることがあるため、実際のスタッフ数よりも少し多めにライセンス契約しています」と八木氏は説明する。

 「WowTalk for ビジネスプラス」の導入により、スタッフ1人ひとりに電話を掛けて召集するのに費やしていた時間を短縮させるという課題を、セキュアな環境も加えて解決した日本医科大学千葉北総病院 救命救急センター。今後も救急医療に必要なITツールを積極的に導入していく方針だ。

 「どんなITツールにも言えることですが、完璧なものはありません。『WowTalk for ビジネスプラス』についても、例えば録音した音声ではなく、生の声で一斉呼び出しできるようにしてほしいなどの要望を持っています。セキュリティが確保され、使いやすいツールという土台は出来上がっているので、こうした機能の追加や今まで通りのサポートをNTTドコモには期待しています」(八木氏)

 ところで、企業では私用のスマートフォンに「WowTalk for ビジネスプラス」のような業務用アプリがインストールされることを嫌がる社員が少なくないといわれている。公私の境がなくなり、常に仕事をさせられているように感じてしまうからだ。その点について日本医科大学千葉北総病院 救命救急センターでは問題になっていないのだろうか。

 「それはまったく問題になっていません」と八木氏はきっぱりと答える。「そもそも、オンとオフがハッキリしていないと嫌だという人は、自ら希望して救命救急センターに入ってきません。『WowTalk for ビジネスプラス』の導入前にフィーチャーフォンを利用していたスタッフが2人いましたが、強制でもないのに2人とも自らスマホに変えましたから。自分に仕事が回ってこなくなるのが嫌だったんでしょうね。基本的にみんなワーカホリックなんですよ」と八木氏は笑う。

 ワーカホリックというのは照れ隠しに違いない。救命救急センターのスタッフの胸の中では、医師であることの使命感がふつふつと煮えたぎっているのだろう。こういう人たちの仕事によって、多くの命が救われているのだ。

 

関連サービスのご紹介

メールマガジン登録

閉じる

Biz Solution by docomoでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。